ホームステイ覚書

アクセスカウンタ

zoom RSS ハグ( hug) しますか?

<<   作成日時 : 2008/04/17 03:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

娘がヒッポの中高大生の合宿に参加した。
「○○○(男の子)、ハグしてくれへんねん。
最終的には、すんねんけど・・・」

平均的な日本の中高大生なら、ハグの習慣なんてありません!
それ、フツーだから。

ヒッポでは、様々なシーンで、ハグの光景をみる機会があるが、
受け入れの時でも、ハグしたものかどうか悩む。

ゲストは、日本の文化・生活に触れたいという希望を持っている。
お辞儀をして、にこやかに対面すれば、いいではないか・・・
日本の風習なんだし。

アジア系はハグの習慣はないように感じるが、案外なのは韓国で、見た感じ同じような韓国人にハグされてビックリという場面はよくある。
我が家の最初の受け入れも、韓国からの小学生だったが、対面式で、緊張気味の息子はいきなりハグされて、というかそのまま振り回されて、驚いて声もなかった。
一団の中でも、飛び抜けてフレンドリーな子ではあったが、自己主張もはっきりしていて、韓国は、日本より、アメリカに近いというイメージを持った。
ニュースなどで見る限り、フィリピンもハグの習慣はありそうだ。

娘は、アメリカに1年いたので、ハグの習慣が身についた。
帰国後、スペイン留学を終えて帰国するメンバーを空港までお迎えに行った。
先にフランスから帰国していたメンバーとハグ・・・と、思いきや、ヨーロッパは、ビズだそうで。
抱擁だけじゃなく、頬と頬を合わせ、口でチュッと音を鳴らす。左右とも。
こんな説明で合っているのかどうか・・・
呆気に取られて口がぽか〜んと(実際にはあいてなかったと思うが・・・)
とにかくビズにはアメリカ帰りの娘もドッキリ!

す、すごい!ヨーロッパすごい!
憧れちゃう・・・絶対行く!


順番で次に娘とハグした時は、

なんか、タイミングが合わなかった〜
ハグしようと思ったら、ビズと思ってるし・・・



ところで、
ハグで思い出すのが、公共広告機構のCM。
「自分の子なのに愛し方がわからない。まず抱きしめてあげてください。」
ぎごちなく子供を抱くお母さん。
子供も、ちょっと居心地悪そう。
最初は、こんな感じでもいいのかな・・・はじめの一歩。
それで、うまくいくとは思えない暗さで、でも、そういう危機的な親子がいるということが、ビンビン伝わるCMでした。

アメリカで人気のパフィーが、TV番組のインタビューに答えて、
「あの人たち、おかしいわ。何で初めて会った人とハグしますか?
抱きつかんとってほしいわ。」

注:記憶による。内容としては、合ってると思います。


私は、この感覚にちかいなあ。
ハグして仲良くなれるとも思えないし。

でも、娘が留学に出発するときは、いよいよ搭乗口へというお別れの時ハグして見送り。
だって、帰って来た時、いきなり「マ〜ミ〜!」なんて抱きつかれたら悔しいし・・・
先に一発かましてやりました。
「?!!」と、びっくりしてました。(大笑)

余談:パフィーは、アメリカで『Puffy AmiYumi』という名で人気者。
ホストママに母親の名前を聞かれたので答えると、
「ああ、AmiYumiの。」といわれ、
「だれ?それ」
「パフィーの」
パフィーがそんなに知られているのかと驚いたそうです。
日本で人気だった頃のことは、あまり記憶にないのでしょう。

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

手作りチョコ工房

ようこそ!
チョコレート工房へ


海外旅行

ハグ( hug) しますか? ホームステイ覚書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる