ホームステイ覚書

アクセスカウンタ

zoom RSS 手話・・・日米の違い chicken,dog,sheep

<<   作成日時 : 2007/09/08 23:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

娘がステイしていたお宅に手話の本があったそうです。
興味を持った娘が、一部分なぞり書きをして持ち帰ってくれました。
手話―日米の違い I,cook,sew,go,come の続きです。

動物も英語を話す・・・犬は、バウワウ、ニワトリは、コッカドウ〜ドルドウ〜と鳴く。

昔、そんな話を聞いて、ヒエ〜!と、驚いた記憶があります。
・・・それは、犬種の違いにもよるのか?
いまだに不明ですが、手話表現にも、その動物との関わり方や、どの部分を特徴と捉えるかなど、アメリカと日本の違いが出ます。

こんなページもありました。
toshiのホームページへようこそ 特選ニューヨーク薮睨み集
『ブタの鳴声・・・ブタはブーブーとは鳴かない』


手話_chiken
chiken ニワトリ
左手の平を、右手人差し指と親指で、エサをつつくように。

日本の手話は、
額の真ん中に右手を当て、軽く振る。
ニワトリのトサカを表しているようです。
軽く振る、なんてイメージは雄鶏?
手話_dog

Dog: snap fingers
and pat leg.
文章説明のみ

 dog 犬
指を鳴らし、足を軽くたたく。(犬を呼ぶ仕草?合ってるかなあ・・・)

日本の手話は、
四指をたらした両手の親指をコメカミにつけ犬の耳を表す。
手話_羊
sheep 羊
左前腕を、ハサミの形の右手でなでる。
羊毛を刈るイメージでしょう。

日本の手話は、
右人差し指をコメカミにあてて円を描き、5指を曲げて足を表す。
羊の角を表します。
羊毛を刈る場面は、全く経験ないですよね。
■前回 手話―日米の違い I,cook,sew,go,come
■日本語手話は、(財)全日本聾唖連盟発行(昭和57年) 『わたしたちの手話』 を参考にしました。
■下記サイトで、日本の動画手話が見られます。
  出典:IPA「教育用画像素材集サイト」 http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/

ちょうど、TVドラマ『受験の神様』で、
スペイン語では、犬は、ガウガウ、ニワトリは、キキリキ
と鳴くと、いってました。




名刺やメッセージカードを添えて、貴方の心を届ける
カードチョコレート


セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

手作りチョコ工房

ようこそ!
チョコレート工房へ


海外旅行

手話・・・日米の違い chicken,dog,sheep ホームステイ覚書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる