ホームステイ覚書

アクセスカウンタ

zoom RSS カンチュトム(ベトナム料理)

<<   作成日時 : 2007/03/22 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベトナム料理を習ってきました。


■カンチュトム CANH CHUA TOM(えびのスープ)
えび 250gヌックマム 大さじ1
パイナップル100g大さじ2
1000cc砂糖大さじ2
タマリンド50gとうがらし1本
もやし100gどくだみ2本
おくら10本サラダ油大さじ1
トマト1個
にんにく1片


トムとは、ベトナム語で、えびのこと。
特徴的な材料は、
タマリンド・・・・・・・↓詳しく
ヌックマム・・・・・・・魚醤(タイでは、ナンプラー)
どくだみ・・・・・・・・↓詳しく

今までに食べたベトナム料理といえば、インスタントラーメンの『フォー』しかなかった。
おいしいかったが、あの香りは、レモングラスかと思いきや、なんと、どくだみの香りだった。
ベトナム料理は、どくだみの香りだそうで。
4人前の分量に塩大2杯!
『塩、すごい量!』日本人生徒は、おおさわぎだが、
先生曰く、
『日本料理は、塩を使わなくても醤油を使うし、塩が足らないと元気が出ません。』
日頃あまり元気のない私は、妙に納得する。
そして、『よい塩を使うように。』と、忠告された。
ベトナムの塩はとてもおいしいそうだ。

出来上がって、試食してみると、全く塩辛くない。
パイナップルやトマトの酸味で味が和らぐのだろうか?

 タマリンド(Wikipedia)
 味噌ピーナツのような、タマリンド。
 カンチュトムでは、お湯に溶かし込んで汁だけ使います。
 生のまま冷凍保存できます。(粉も売っているそうです。)

英語でもTamarind。English Wikipedia のページに(A Tamarind seedling)の写真があります。

中国語は、酸豆。
おお、その通り!甘酸っぱい味で、ベトナムでは、砂糖をかけてデザートおやつにするそうですよ。

ドクダミ(Wikipedia) 十薬(じゅうやく)抗菌作用・利尿作用がある。

ベトナム情報リンクサイトです。
「ベトナムスケッチ」




私が唯一食べたことのあるインスタントの『フォー』。
あれきり、あまり見かけないと思ったら、中国産遺伝子組み替え材料が使われていたそうで、回収になっていたと、知りました。もう、食べちゃったじゃん!

手作りチョコレートてら山 生チョコQ&A

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

手作りチョコ工房

ようこそ!
チョコレート工房へ


海外旅行

カンチュトム(ベトナム料理) ホームステイ覚書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる